施工の流れ

消防用設備に関するお悩み事に対応致します

  1. 「現状の消防設備点検にかかる費用を抑えたい」ビル管理会社様やマンションの管理組合様→「点検コストの削減提案させていただきます。」

  2. 建物のオーナー様で、「消防用設備の整備・改善をしなければならないが、どうすればいいかわからない」場合→「角消防設備株式会社にご相談ください。」

  3. 「消防計画書の作成や、専門知識が必要」→「全て角消防設備株式会社へお任せください。」

  4. その他のお悩み事にも対応致しますので、ご相談ください。法人様のご相談も承ります。

お問合せから報告までの流れ

1.お問合せ

◆消防用設備の点検等

​◆消防用設備に関するご相談 角消防設備株式会社までご連絡ください。

2.内容確認・現地調査

お問合せ内容を確認し、日程調整の上現地調査を行います。

3.お見積り・ご契約

現地調査の結果をもとにしてお見積りを作成致します。
お見積りをご確認いただき、ご了承いただければご契約させていただきます。

4.消防署からの改善指導の確認

事前に消防署から改善指導があった場合には、その改善内容を確認し、必要に応じて工事をし点検を行う様に致します。

5.作業案内の配付

点検や工事を行う旨を、該当建物内の方にお知らせ致します。

6.作業の実施

消防設備点検の資格を持つスタッフが点検を行い、不備があった場合は別途お見積りの上、修理交換致します。

7.報告書の提出

点検作業の結果を報告書にまとめ、お客様より、ご確認及び押印をいただき、消防署へ提出し受付完了後、控えをお客様へお渡し致します。

消火器の点検は定期的に行いましょう!

点検・交換・充てん・廃棄はすべて「角消防設備株式会社」にお任せください

設置している消火器は劣化や機能障害をいち早く見つけるためにも、消防法に基づく法定資格者(消防設備士・点検資格者)により定期的な点検を行い、不良部品の交換や消火薬剤の再充てんなどを確実に実行しなければなりません。圧力容器である消火器について消火器容器の寿命は、おおむね「耐用8年~10年」と考えています(住宅用は5年)。設置している消火器の交換時期を確認してください。